野呂川林道(読み)のろがわりんどう

世界大百科事典内の野呂川林道の言及

【北岳】より

…北岳東方の大樺沢,西方の左俣沢,南方の北沢源流部などには,更新世に形成された氷食カールがある。かつては夜叉神峠などの峠を越えて入山しなければならなかったが,1962年野呂川林道が開通し,北岳北東麓の広河原で早川林道と結ばれてから登山者が急増した。さらに80年南アルプス林道が開通し,広河原は赤石山脈北部の登山,観光の拠点となった。…

【夜叉神峠】より

…古くから甲府盆地と野呂川流域を結ぶ交通路で,木材や木炭の搬出などに使われたが,登山が盛んになった昭和初期からは登山者がここを通って北岳北麓の広河原方面へ迂回するようになった。現在は峠の下を夜叉神トンネルで通る野呂川林道ができたため,交通路としての役割は消滅した。峠からの白根三山の眺望が美しく,付近のシラカバやカラマツなどの続く台地には県営のキャンプ場や夜叉神小屋があって行楽地になっている。…

※「野呂川林道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android