コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野焼き

1件 の用語解説(野焼きの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

野焼き

冬の間にたまった枯れ草やわらを燃やして灰にし、肥料として使う。燃やさずに肥料にすると、酢酸などが出て、水はけの悪い田んぼでは稲の根などを傷つけることがある。ただ、野焼き廃棄物処理法などで原則禁止されている。

(2009-04-15 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の野焼きの言及

【土器】より

…特殊例として,中国殷代には,純良のカオリナイトからなる白い土(陶土,カオリン)を用いて1100℃前後で焼成し,白く仕上げた硬質の土器(白陶)がある。600~800℃程度の焼成は,平地か凹地に燃料と土器を積み上げて焼く野焼きで十分である。しかし1000℃以上の高温で焼くためには,壁,天井,焚口,焼成室,煙出しを備えた(かま)を必要とする。…

※「野焼き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野焼きの関連キーワード枯れ草枯れ草色やわらやわらやわら藁火修羅を燃やす褥草立枯れる柔蟹秋吉台の山焼き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野焼きの関連情報