野良帯(読み)のらおび

世界大百科事典内の野良帯の言及

【帯】より

…また古い布から更生した裂織(さきおり)の帯も使用した。 関東一帯の農村では,半幅の帯を〈野良帯〉と呼び,農家の嫁は,嫁いできた当初,毎日野良帯を取り替えて田畑へ出る習慣があり,周囲の人もそれを楽しみにした。そのため嫁ぐ際,帯の色柄,材料を考えて多くの野良帯を行李いっぱい持っていったという。…

※「野良帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android