コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子点 りょうしてん quantum dot

2件 の用語解説(量子点の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

量子点

固体中で電子の動きを3次元より低く抑えると量子力学の特徴があらわになる。2次元方向しか動けなくしたのが層状の量子井戸、1次元系は量子細線、0次元系は量子点(量子ドット、量子箱ともいう)。境界に挟まれた電子は波の性質により、エネルギーがとびとびの値しかとれなくなる。楽器の弦の振動が一定波長しか許されないのと同じ理屈だ。量子点は人工原子とも呼ばれる

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょうし‐てん〔リヤウシ‐〕【量子点】

量子ドット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

量子点の関連キーワードアイカメラ絶縁破壊伝導電子元より・固より・素より押え付ける低農薬電子伝導元より早回しコッセル効果

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone