コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金具回り かなぐまわり

世界大百科事典内の金具回りの言及

【鎧】より

… なお,草摺や袖,あるいはの菱縫板を飾る裾金物,眉庇,栴檀の冠板,吹返しに打った据文金物,境粧(けしよう)板の八双金物なども大鎧のいちじるしい装飾である。胸板,脇板,障子板,脇楯の壺板,兜の眉庇,袖の冠板,栴檀の冠板,鳩尾板などのように鉄板を地として,染韋で包み,ふつう紅五星韋(べにのいつつぼしがわ)で小縁をとり,色糸で伏組みを施した部分を総称して金具回りという。また綿嚙,蝙蝠付,弦走,兜の吹返しなど,小札地を染韋で張り,または革を心に染韋で包んだ部分を革所と総称している。…

※「金具回り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金具回りの関連キーワード押付の板於女里

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android