コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金巾子の御冠 きんこじのごかん

世界大百科事典内の金巾子の御冠の言及

【冠】より

…また天皇は烏帽子をかぶることがなかったから,内々では纓を巾子の上に引き起こし,檀紙(だんし)に穴をあけたものでこれを上から挿して止めておいた。この檀紙に金箔をほどこしたものを用いたので,これを金巾子の御冠と称した。これらはみな纓のさまたげになることを避けた方法であった。…

※「金巾子の御冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報