コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金庫局 きんこきょく

世界大百科事典内の金庫局の言及

【国庫金制度】より

… 明治初年から1890年10月までは,国がみずから国庫金の出納保管を行う〈国有金庫制度〉がとられた。政府部内の出納機関として,大蔵省内に出納司が設けられ(1869),その後出納寮(1871),出納局(1877),金庫局(1886)と移り変わった。この制度下においても,国庫金の取扱いを民間に委託しており,委託先機関は,1872年までは民間の為替業者,その後は第一国立銀行等であったが,83年に日本銀行が創設されて以降は,もっぱら同行が委託機関とされた。…

※「金庫局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android