コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金糸全越 きんしまるこし

世界大百科事典内の金糸全越の言及

【金襴】より

…地合は平地,綾地,繻子地のものがあり,金糸の織入れ方も地緯一越おきに入れた全越(まるこし),地緯2本ごとに金糸を入れた半越,また金糸の押さえを地絡(じがらみ)としたもの,別に絡み経を仕たてて別絡(べつがらみ)としたものなどがある。一般には綾地に金糸全越・地絡としたものに古様な作風を示すものが多く,これに対し繻子地に金糸半越・別絡としたものは明代中期以降の華やかな金襴に多く見られる。日本で金襴が織り始められた時期は明らかでないが,《耶蘇会士日本通信》の1565年(永禄8)4月27日付のルイス・フロイスの書簡中には〈パードレは当地方産の金襴の祭服を着けてミサを始めた〉とあり,16世紀中葉には京都で,金糸を使った織物が製織されていたことになる。…

※「金糸全越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android