コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜屋間歩 かまやまぶ

世界大百科事典内の釜屋間歩の言及

【石見銀山】より

… 16世紀中ごろ中国船,ポルトガル船の来航により,九州沿岸を取引地とする外国貿易が盛大となるが,輸出の中心となったのは銀であり,当時他の大銀山の開発はまだ見られず,石見銀が主としてこれに充当された。16世紀後半には1ヵ年の産銀は2t内外にも達したと思われるが,長安が奉行となったころより産銀が激増し,山師安原知種が稼行した本谷の釜屋間歩(まぶ)からの運上銀が1ヵ年に13.5tに及んだという。銀山の表入口の蔵泉寺口を入ると銀山町があり,西端の坂根口までつづいた。…

※「釜屋間歩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

釜屋間歩の関連キーワード島根県大田市石見銀山遺跡石見銀山

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android