コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜屋間歩 かまやまぶ

世界大百科事典内の釜屋間歩の言及

【石見銀山】より

… 16世紀中ごろ中国船,ポルトガル船の来航により,九州沿岸を取引地とする外国貿易が盛大となるが,輸出の中心となったのは銀であり,当時他の大銀山の開発はまだ見られず,石見銀が主としてこれに充当された。16世紀後半には1ヵ年の産銀は2t内外にも達したと思われるが,長安が奉行となったころより産銀が激増し,山師安原知種が稼行した本谷の釜屋間歩(まぶ)からの運上銀が1ヵ年に13.5tに及んだという。銀山の表入口の蔵泉寺口を入ると銀山町があり,西端の坂根口までつづいた。…

※「釜屋間歩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釜屋間歩の関連情報