鈍彩土器(読み)どんさいどき

世界大百科事典内の鈍彩土器の言及

【エーゲ文明】より

…エーゲ海周辺地帯を主域として栄えた青銅器文明。キクラデス諸島,ギリシア本土の東部と南部,小アジアの西海岸からクレタ島やキプロス島をふくみ,前3000年(ないし前2800年)ころから前1200年ころにわたる。この文明は単一ではなく,また中心も範囲も変動するいくつかの文明からなるが,共通性をもつためエーゲ文明と一括される。上述した地域にはギリシア文明が続いて興るので〈前ギリシア(プレヘレニック)文明〉と呼ぶこともできるが,この文明はギリシア文明の前段階でも先駆でもなく,独自の性格をもつ。…

【ヘラドス文化】より

…初期末あるいは中期(前1900‐前1600)初めに変化がおこり,2種の土器が現れる。一つは,光沢のない表面に簡単な文様を描いた鈍彩(マット)土器で,もう一つは黒色または灰色で,鋭い輪郭をもつミニュアス土器である。前者は器種・器形とも進歩したものであるが,後者は無文で形の種類も少ないが,ろくろ作りである。…

※「鈍彩土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android