コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭屋宗安 ぜにや そうあん

2件 の用語解説(銭屋宗安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

銭屋宗安 ぜにや-そうあん

松江宗安(まつえ-そうあん)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

銭屋宗安

没年:寛文6(1666)
生年:天正14(1586)
江戸前期の堺の豪商で茶人。父宗訥も茶人として知られた。母は誉田屋徳隣の娘徳泉。元和年中(1615~24),明国の織人が長崎から来て銭屋,松屋に紗地の金欄の織り方を伝えたのが,銭屋織,松屋織として茶の名物裂のひとつとなっている。また宗安は,慶長・元和のころ明人から上質で安価な鉛原料の白粉製造法を伝えられ,堺の炭屋,小西等の商家がこれを製造して盛んとなり,広く京坂にも伝わり,それまでの水銀を原料とする伊勢白粉に替わり流行した。慶安1(1648)年,母の追福のために,大徳寺清巌宗渭を開山として南宗寺内に徳泉庵を建てた。<参考文献>『堺市史』

(吉田豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone