コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭屋宗安 ぜにや そうあん

朝日日本歴史人物事典の解説

銭屋宗安

没年:寛文6(1666)
生年:天正14(1586)
江戸前期の堺の豪商で茶人。父宗訥も茶人として知られた。母は誉田屋徳隣の娘徳泉。元和年中(1615~24),明国の織人が長崎から来て銭屋,松屋に紗地の金欄の織り方を伝えたのが,銭屋織,松屋織として茶の名物裂のひとつとなっている。また宗安は,慶長・元和のころ明人から上質で安価な鉛原料の白粉製造法を伝えられ,堺の炭屋,小西等の商家がこれを製造して盛んとなり,広く京坂にも伝わり,それまでの水銀を原料とする伊勢白粉に替わり流行した。慶安1(1648)年,母の追福のために,大徳寺の清巌宗渭を開山として南宗寺内に徳泉庵を建てた。<参考文献>『堺市史』

(吉田豊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

銭屋宗安の関連キーワード松江宗安おしろい化粧

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android