コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍬神信仰 くわがみしんこう

世界大百科事典内の鍬神信仰の言及

【流行神】より

…この祠の前に群集が集まってくるので,検非違使が破却を命じたという。江戸時代初頭に,中部,東海地方に流行した鍬神(くわがみ)信仰は,伊勢の御師(おし)が,神田の種下ろしに使ったという鍬を神体にして,村から村へ送りながら踊り歩くという現象で,豊穣を祈願する祭りとみられている。これはやがてくり返し流行するようになった〈お蔭参り〉や〈ええじゃないか〉の現象にも通じていくと思われる。…

※「鍬神信仰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android