鐺別[温泉](読み)とうべつ

世界大百科事典内の鐺別[温泉]の言及

【弟子屈[町]】より

…市街地は弟子屈温泉を中心に発達している。1885年石川県人が釧路川と支流鐺別(とうべつ)川の合流点に温泉宿を経営するため入地し,その後,北部のアトサヌプリ(跡佐登)で硫黄の採掘も行われ,農業移民も入植するようになった。基幹産業は酪農とジャガイモなどの畑作のほか林業も行われる。…

※「鐺別[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android