コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野義言 ながの よしとき

美術人名辞典の解説

長野義言

国学者・彦根藩士。伊勢国長野次郎祐の弟。号は桃舎。彦根藩主井伊直弼に聘せられ藩士となり、弘道館国学方となる。万延元年直弼の歿後もその遺策の公武合体のために奔走した。著書に『玉の緒未分櫛』『活語初の栞』等多数ある。文久2年(1862)歿、49才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

長野義言

没年:文久2.8.27(1862.9.20)
生年:文化12(1815)
江戸後期の国学者。彦根藩(滋賀県)藩士。通称主馬,のち主膳,号桃廼舎。義言は名。伊勢国の出身とされるが出石藩(兵庫県)仙石左京の子,肥後の阿蘇大宮司の一門長岡家の出など別説もある。本居宣長・春庭の学を慕い,天保12(1841)年近江国坂田郡志賀谷村(滋賀県坂田郡山東町)に高尚館を開き,彦根藩井伊直弼と知り合う。一時京都に出て堂上方に出入りもした。嘉永5(1852)年,藩主となった直弼に招かれ藩校弘道館国学方となり,のち系譜方を務めた。直弼が大老となるとその側近として活躍,尊攘派志士弾圧に力を尽くした。文久2(1862)年5月井伊直憲より加増されたが,同年8月24日,事に座して禁固処分に付せられ,27日斬刑を受け,家名断絶された。

(飯倉洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ながのよしこと【長野義言】

1815~1862) 江戸末期の国学者。伊勢の人という。通称、主膳。井伊直弼なおすけの国学・和歌の師、のち側近として京都にあって廷臣間を種々画策し、安政の大獄に深くかかわった。直弼死後も公武合体に奔走したが、彦根藩内の政変で斬罪に処せられた。著「古学答問録」「沢能根世利さわのねぜり」「歌の大武根おおむね」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の長野義言の言及

【長野主膳】より

…幕末の政局に井伊直弼の懐刀として活躍した国学者。諱(いみな)は義言(よしとき),号は桃廼舎(もものや),主膳は通称。伊勢国の生れといわれるが明らかではない。1842年(天保13)初めて直弼に会い,国学および和歌の師となる。直弼が彦根藩主となって2年後の52年(嘉永5),二十人扶持で彦根藩に召し抱えられ,国学方,ついで系譜編集用掛となった。58年(安政5)初めからは,主として京都にいて関白九条尚忠(ひさただ),九条家家士島田左近と結び,直弼の意を体して活躍した。…

※「長野義言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長野義言の関連キーワード宇津木六之丞長野主膳和宮降嫁長野たき西村捨三没年斬罪大獄

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android