コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野主膳 ながのしゅぜん

4件 の用語解説(長野主膳の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

長野主膳【ながのしゅぜん】

国学者。名は義言(よしとき)。幕末の政局で近江(おうみ)彦根(ひこね)藩主井伊直弼(なおすけ)の懐刀(ふところがたな)として活躍した。1842年直弼と初めて会い,和歌,国学の師となり,1852年彦根藩に召し抱えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野主膳 ながの-しゅぜん

1815-1862 幕末の国学者。
文化12年10月16日生まれ。夫婦で諸国を講説するうち,井伊直弼(なおすけ)と知りあう。直弼が近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主となると藩校弘道館教授をつとめ,大老就任後は側近として安政の大獄にもかかわった。桜田門外の変後,藩論がかわり文久2年8月27日斬首された。48歳。名は義言(よしとき)。通称は別に主馬。号は桃廼舎(もものや)。著作に「古学答問録」「沢能根世利(さわのねせり)」など。
【格言など】飛鳥川きのふの滝はけふの瀬とかはるならひをわが身にぞ見る(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ながのしゅぜん【長野主膳】

1815‐62(文化12‐文久2)
幕末の政局に井伊直弼の懐刀として活躍した国学者。諱(いみな)は義言(よしとき),号は桃廼舎(もものや),主膳は通称。伊勢国の生れといわれるが明らかではない。1842年(天保13)初めて直弼に会い,国学および和歌の師となる。直弼が彦根藩主となって2年後の52年(嘉永5),二十人扶持で彦根藩に召し抱えられ,国学方,ついで系譜編集用掛となった。58年(安政5)初めからは,主として京都にいて関白九条尚忠(ひさただ),九条家家士島田左近と結び,直弼の意を体して活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長野主膳
ながのしゅぜん
(1815―1862)

江戸後期の彦根(ひこね)藩士、国学者。初め主馬(しゅめ)、諱(いみな)は義言(よしとき)、号は桃廼舎(もものや)。250石。伊勢(いせ)生まれというが、その出自は不明。国学を講じながら妻多紀(たき)とともに諸国を遊歴し、1841年(天保12)近江(おうみ)国坂田郡志賀谷(しがや)村(滋賀県米原(まいばら)市志賀谷)に高尚(こうしょう)館を開く。翌年その名声を聞いた当時埋木舎(うもれぎのや)住まいの井伊直弼(なおすけ)が入門し、50年(嘉永3)彦根藩主となるに及んで、52年4月弘道館(こうどうかん)国学方二十人扶持(ぶち)で召し抱えられた。国学、歌学に長じていたのみならず、直弼が大老に就任するやその懐刀的存在として敏腕を振るい、安政(あんせい)の大獄に関与した。62年(文久2)の政変で8月27日斬罪(ざんざい)に処せられた。著書に『古学答問録』『沢之根世利(さわのねせり)』『桃廼舎歌集』など多数がある。[藤田恒春]
『東京大学史料編纂所編『井伊家史料』既刊25冊(1959~ ・東京大学出版会) ▽吉田常吉著『井伊直弼』(1963・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長野主膳の関連情報