コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開口分泌

2件 の用語解説(開口分泌の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

開口分泌

 →エキソサイトーシス

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいこう‐ぶんぴつ【開口分泌】

エキソサイトーシス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の開口分泌の言及

【エクリン腺】より

…光学顕微鏡によって観察した場合に分泌物が細胞体を傷つけずに外へ出る分泌方式を総称して漏出分泌(エクリン分泌eccrine secretion)と呼んできた。しかし,電子顕微鏡での観察によって,漏出分泌は開口分泌exocytosisと透出分泌diacrine secretionに分けられるようになった。開口分泌はおもにペプチドやタンパク質を分泌する細胞にみられ,限界膜を覆った分泌顆粒が細胞の表面に近づき,ついで限界膜と細胞膜が癒合し,癒合点が開口し,顆粒内容物が外へ出る様式である。…

【外分泌腺】より

…(b)離出分泌(離出汗腺,乳腺)では,分泌物が細胞の表層近くに集まり突出し,突起のつけ根がくびれて離れる。(c)漏出分泌は電子顕微鏡による観察で,さらに開口分泌と透出分泌に分けられる。開口分泌(膵臓外分泌腺細胞,唾液腺の漿液細胞)は限界膜につつまれた分泌顆粒(かりゆう)が細胞膜と癒合し,癒合点が開口して内容物を外に放出する。…

【腺】より

…(3)漏出分泌eccrine secretion 光学顕微鏡的には,分泌物が細胞体を傷つけずに外へ出るものを総称して漏出分泌といってきたが,電子顕微鏡的には次の二つに分けられる。(a)開口分泌exocytosis 限界膜をかぶった分泌顆粒が細胞の表面に近づき,ついで限界膜と細胞膜が癒合し,癒合点が開口し,顆粒内容物だけが外へ出る様式である。脳下垂体前葉の各種細胞,膵臓の内外分泌腺細胞,唾液腺の漿液細胞など多数のタンパク質性分泌腺でこの形式が認められる。…

※「開口分泌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

開口分泌の関連キーワードオキソ酸飲作用エンドサイトーシスエキソサイトーシストランスサイトーシスピノサイトーシスファゴサイトーシスサロルソサイト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone