開発負担金(読み)かいはつふたんきん

世界大百科事典内の開発負担金の言及

【受益者負担】より

…具体的には,受益者負担は,受益を限度とする客観的な算定基準が定めにくいなどの理由から,ほとんど活用されていないのが現状である。これに反して,最近では,宅地開発指導要綱などに基づいて,地方公共団体が宅地開発業者に対して開発負担金を徴収し,公共施設の建設費等にあてることが一般化している。このような法制度外の受益者負担ないし原因者負担は,租税法律主義,強制寄付の禁止(地方財政法4条の5)との関係で問題があるとされ,その是正を求める国の通達なども出されている。…

※「開発負担金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android