コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間の子船 アイノコブネ

デジタル大辞泉の解説

あいのこ‐ぶね〔あひのこ‐〕【間の子船】

日本式と西洋式とをとりまぜてつくった木造帆船。明治後半から大正期にかけて沿岸航路用の荷船として使われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいのこぶね【間の子船】

船体構造は日本式に西洋式を加味し、帆装は西洋式ないし中国式とした木造帆船。明治時代半ばから大正時代に流行。あいのこせん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間の子船の関連キーワード大正時代船体構造日本式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android