コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷船 ニブネ

世界大百科事典 第2版の解説

にぶね【荷船】

種々の貨物を海上輸送する船のこと。限られた小地域内を輸送航行する地船,地乗りと,広域を搬送する廻船,渡海船,あるいは沖乗りの区別がある。地船には,それぞれ活動する地域の名称を冠したものが多いが,なかでも尼崎船,明石船,丹後船,若狭船,尾道船,筑前船,神崎船などが有名である。一方,廻船は,航路の開拓によって,貨物の遠方輸送の重要な担い手となったが,とりわけ江戸時代における江戸~大坂間の菱垣(ひがき)廻船,樽廻船,さらに河村瑞賢によって開拓された,日本海各地の生産品を津軽海峡をへて江戸に運ぶ東廻航路,下関海峡をへて大坂・江戸にいたる西廻航路がよく知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

荷船の関連キーワード菱垣廻船(菱垣回船)井楼船・棲楼船ジェーコブズ大船建造の禁本船・元船廻船・回船押し送り船鵜飼い船瀬取り船日本形船五大力船間の子船川船奉行河川交通浦賀水道菱垣廻船問屋口北国船荷足船似関船

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android