コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関税と貿易に関する一般協定 かんぜいとぼうえきにかんするいっぱんきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税と貿易に関する一般協定
かんぜいとぼうえきにかんするいっぱんきょうてい

ガット」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の関税と貿易に関する一般協定の言及

【GATT】より

…〈関税・貿易に関する一般協定General Agreement on Tariffs and Trade〉の略称。1947年10月30日にアメリカほか23ヵ国がジュネーブで調印し,48年1月から発効した協定。93年末現在,加盟国は114ヵ国を数えたが,93年12月ウルグアイ・ラウンドの合意を受け,95年1月1日に発足したWTO(世界貿易機関)に発展改組した。
[成立の経緯]
 1929年のニューヨーク株式大暴落に端を発した世界的な大不況に際し,各国は高関税,輸入割当,為替切下げ等の貿易制限措置をあいついで導入した。…

※「関税と貿易に関する一般協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関税と貿易に関する一般協定の関連キーワード知的所有権の貿易関連の側面に関する協定ウルグアイ・ラウンドブレトンウッズ会議サウジアラビア世界貿易機関自由貿易地域セーフガードロールバック貿易委員会自由貿易