コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関節頭 カンセツトウ

デジタル大辞泉の解説

かんせつ‐とう〔クワンセツ‐〕【関節頭】

関節を構成する骨の一方にある、突起した関節面をいう。→関節窩

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の関節頭の言及

【関節】より

…関節軟骨は関節の骨が軟骨を経て形成される過程で骨化せずに残存したものである(ただし哺乳類の下顎骨の関節にある関節軟骨は由来の異なる二次軟骨である)。滑膜性結合では,2個の骨のうち一方の突き出した関節面(関節頭)が他方のくぼんだ関節面(関節窩(か))にはまりこむ形になっていることが多い。このような関節の形態には球関節,楕円体関節,鞍(くら)関節,蝶番(ちようばん)関節など種々の型が区別され,こうした形態がそれぞれの関節の機械的な機能の基となる。…

※「関節頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関節頭の関連キーワード運動器のしくみとはたらきコステン症候群股関節鳥脚類脱臼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関節頭の関連情報