関西労働同盟会(読み)かんさいろうどうどうめいかい

世界大百科事典内の関西労働同盟会の言及

【川崎・三菱神戸造船所争議】より

…この闘争は1920年後半から始まっていたが,21年4~8月,日本最大の工業地帯阪神地方において頂点に達した。阪神地方では,友愛会の活動が活発で,大阪,神戸,京都の3連合会を糾合した関西労働同盟会が結成されており,従来から統一闘争がなされていた。団体交渉権獲得闘争は関西では大阪地方から始まり,大阪電灯,藤永田造船所,住友大阪3社などで激しい闘争がなされたが,結局は組合加入の自由,工場委員制度の設置という条件で妥結した。…

※「関西労働同盟会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android