闇刈渓谷(読み)くらがりけいこく

世界大百科事典内の闇刈渓谷の言及

【額田[町]】より

…豊富にケイ石,形埜(かたの)に花コウ岩の採掘所がある。男川上流の闇刈(くらがり)渓谷は景勝地として知られ,南東隅の本宮(ほんぐう)山(789m)とともに県立自然公園に指定され,本宮山スカイラインが通じる。臨済宗の名刹天恩寺の地蔵堂と山門は重要文化財。…

※「闇刈渓谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android