コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿修羅踊系剣舞 あしゅらおどりけいけんぶ

世界大百科事典内の阿修羅踊系剣舞の言及

【剣舞】より

…青森県,岩手県の旧南部領内と岩手県,宮城県の旧伊達藩領内に分布する念仏踊(踊念仏)の一種。青森県では鶏舞(けいばい)と称して鶏冠風の鳥甲(とりかぶと)をかぶって舞うが,もとは悪霊を踏み鎮める呪法の反閇(へんばい)からでた芸とみられている。古く役行者(えんのぎようじや)が念仏普及のために始めたとの伝説などがあるように,山伏たちの手で伝承された修験道に基づく舞踊で,踊り手が剣や御幣,扇子などを持ち替えて力強く跳躍したり足踏みしたりする。…

※「阿修羅踊系剣舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android