コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿史徳氏 あしとくし

世界大百科事典内の阿史徳氏の言及

【阿史那氏】より

…元来アルタイ山脈の南西にいて柔然に従属していたが,豊富な鉱産資源を背景にした鍛鉄技術を生かして勢力を拡大した。552年に柔然を討滅して北アジアに覇を唱えた初代突厥可汗の土門(ブミン可汗,イルリク(伊利)可汗)以来,630‐682年(貞観4‐永淳1)の唐の羈縻(きび)支配時代を除き,阿史那氏系の男子が,阿史徳氏と通婚して突厥可汗位を独占した。ただし西突厥はテュルギシュ(突騎施)の手中に入ったこともある。…

※「阿史徳氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿史徳氏の関連キーワード阿史那氏

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android