コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿武隈山地 あぶくまさんち

大辞林 第三版の解説

あぶくまさんち【阿武隈山地】

福島県から茨城県北部にかけて太平洋岸を南北に走る山地。隆起準平原の高原状の山地で、最高峰は大滝根おおたきね山(1193メートル)。阿武隈高地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の阿武隈山地の言及

【阿武隈高地】より

…阿武隈山地ともいう。宮城県南部より福島県東部を経て,茨城県北部に至る南北約170km,東西最大幅50kmの高原状山地で,平面形は北上山地と同じような紡錘形をなす。…

※「阿武隈山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

阿武隈山地の関連キーワード茨城県常陸大宮市阿武隈高地南部北上帯棚倉構造線接触変成岩隆起準平原折木温泉阿武隈帯杉 健一常磐炭田双葉断層白石盆地花塚御影丸森町中通り山地霊山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android