コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿毘曇 あびどん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿毘曇
あびどん

阿毘達磨」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の阿毘曇の言及

【毘曇宗】より

…中国仏教十三宗の一つ。毘曇とは阿毘曇の略称で,阿毘曇abhi‐dharmaは対法と直訳される論のこと。この宗派は説一切有部という学派の論研究によって成立していて,法勝の《阿毘曇心論》と法救の《雑阿毘曇心論》を研究の中心とし,東晋の道安慧遠(えおん)らによって5世紀に成立した。…

※「阿毘曇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿毘曇の関連キーワード大石 秀典大毘婆沙論八犍度論牛頭馬頭大石秀典安世高毘曇宗菩薩仏教

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android