コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿毘達磨 あびだつま

4件 の用語解説(阿毘達磨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿毘達磨
あびだつま

サンスクリット語 abhidharmaの音写。阿毘曇,毘曇とも音写され,論,対法などと訳される。「教法の究明」の意。釈尊の死後,その教説は集成されたが,次第にこれを整理し,教説の解釈,注釈,理解などを通じていくつかの学説に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あびだつま【××毘達磨】

《〈梵〉abhidharmaの音写。対法・大法・無比法と訳す》
仏の教えを整理・注釈・研究した聖典。論書。
原始仏教で、三蔵の一つである論蔵のこと。
小乗仏教で、論部のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿毘達磨【あびだつま】

阿毘曇(あびどん),毘曇とも。対法と漢訳される。法の研究,論の意。三蔵の一つである論蔵の名称でもある。後には小乗の研究にだけ使われるようになった。
→関連項目小乗仏教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あびだつま【阿毘達磨】

三蔵の一。経蔵・律蔵につき考察や注釈を表した仏教論書。特に、部派仏教の論をさすこともある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿毘達磨の言及

【小乗仏教】より

…仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋中世のキリスト教のスコラ哲学に比肩される。…

※「阿毘達磨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿毘達磨の関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学ビュルヌフプラークリット語古典サンスクリット古典サンスクリット文学サンスクリット化《サンスクリット大辞典》《サンスクリット文法》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone