コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿玉台式土器 おたまだいしきどき

世界大百科事典内の阿玉台式土器の言及

【縄文土器】より


[製作法]
 材料としての粘土に混和剤として細かい砂粒を加えて粘性を調節するが,様式によって混和剤の選択にも特色がある。関東地方中期の阿玉台(おたまだい)式土器様式は雲母を大量に含み,器面がきらきら輝くほどである。九州前期の曾畑(そばた)式土器および中期の阿高式土器様式では滑石を含んで土器全体がにぶい光沢を放ち,ぬめりを帯びた手触りがある。…

※「阿玉台式土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿玉台式土器の関連キーワード阿玉台貝塚(おたまだいかいづか)阿玉台貝塚勝坂遺跡

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android