コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿知須[温泉] あちす

世界大百科事典内の阿知須[温泉]の言及

【阿知須[町]】より

…中世末には白松庄,近世以後は井関村と称した。1940年阿知須町となり,一時山口市に合併したが,47年分離独立。国道190号,山口宇部有料道路,山陽本線,宇部線が通り,工業都市宇部の東隣にあって通勤者の多い地域である。…

※「阿知須[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android