陳道復

美術人名辞典の解説

陳道復

明代の文人画家。長洲生。名は淳、号に白陽山人、道復は字。経学・詩書に長じ、併せて花卉画を能くした。文徴明の門に遊び、さらに沈石田に学んで写生写意とを綜合した水墨淡彩の花卉画を大成。文人花卉画の大家とされる。嘉靖23年(1544)歿、62才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android