コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽震学 ヨウシンガク

1件 の用語解説(陽震学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようしん‐がく〔ヤウシン‐〕【陽震学】

日震学

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の陽震学の言及

【天文学】より

…その後,測定の解釈やモデルの検討などでかなり差がちぢまったが,まだ問題を残している。太陽内部の探査には,周期5分程度のところにたくさんある固有振動を解析する陽震学が発達し,有力な手段となっている。黒点,白斑,スピキュール,紅炎,フレア,コロナなどの太陽面活動の根源は磁場であって,太陽磁場は,自転と対流を媒介とする磁場励起のダイナモ作用で作られ,約11年(磁場極性の反転を考慮すると22年)周期で変動する。…

※「陽震学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone