コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日震学 にっしんがくhelioseismology

知恵蔵の解説

日震学

太陽や恒星振動による光度変化を精密に解析することにより、恒星の内部構造を診断する学問陽震学ともいわれる。地震波の解析から地球の内部構造を知るのと同じ原理。太陽の場合、5分周期の振動が観測され、その解析から直接見ることのできない太陽の内部の構造が調べられている。太陽の場合が日震学、恒星の場合が星震学

(土佐誠 東北大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にっしん‐がく【日震学】

日震とよばれる太陽表面に生じる振動現象を観測することで、太陽の内部構造や物理状態を研究する学問。現在までに、太陽内部の対流層の厚さ、内部の角速度分布などが明らかになった。陽震学。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日震学【にっしんがく】

太陽の振動を利用して太陽の内部の構造を探る太陽物理学の一分野。太陽はさまざまなモードで振動(太陽振動)しており,この振動を解析することで,ちょうど地震波を使って地球の内部の構造を調べるのと同じように,太陽の内部についての情報を得ることができるのでこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日震学の関連キーワード太陽ニュートリノ太陽(天体)SOHO

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android