コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠居制家族 いんきょせいかぞく

世界大百科事典内の隠居制家族の言及

【隠居】より

【仲村 研】
[民間の隠居慣行]
 明治民法においては生前に戸主権を家督相続人のために放棄する行為を隠居とし,普通には戸主が満60歳以上であること(ただし女戸主の場合は何歳でもよい),および家督相続人をあらかじめ承認しておくことが規定されていたが,日本の各地で行われてきた隠居慣行はひとつの家族がその内部でいくつかの相対的に独立した生活単位(世帯)に分かれて生活する制度をいう。隠居はしたがってひとつの家族が複数の世帯に分かれるので隠居複世帯制ともいい,こうした隠居複世帯制を採用している家族を隠居制家族とよぶ。隠居制家族は家族内部の生活単位をとくに分離しない単世帯制家族とともに日本の家族のひとつの典型をなしていた。…

※「隠居制家族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone