コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪斎 せっさい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪斎
せっさい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雪斎の言及

【今川義元】より

…治部大輔。初め出家して承芳と称し駿河善徳寺にいたが,1536年(天文5)兄氏輝の早世後,次兄恵探と家督を争いこれを倒し相続,太原崇孚(たいげんすうふ)(雪斎)を登用して駿河・遠江両国の経営に着手した。翌年武田氏と結び,北条氏と対立した。…

【太原崇孚】より

…戦国時代の禅僧。雪斎(せつさい)とも号し,宝珠護国禅師の号を勅諡(ちよくし)された。駿河(静岡県)の人。…

※「雪斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雪斎の関連キーワード中野市右衛門(初代)結城孫三郎(10世)結城孫三郎(10代)岩本乾什(2代)岩本乾什(初代)谷角日沙春江雪左文字竹本 素京道生庵卜顧佐藤牧山里村昌休狩野永悳武蔵石寿沢木正利増山正賢堀田瑞松岡野嗣成増山雪斎横沢兵庫今川義元

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android