コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲類 くもるい

世界大百科事典内の雲類の言及

【備前物】より

…とくに景光は片落互の目(かたおちぐのめ)と称する刃文を得意としている。宇甘に住した刀工は雲生,雲次,雲重と銘に〈雲〉の字を冠するため雲類とも呼んでいる。そのほか和気荘に重則,重助,また親田荘に親依がおり,ともにわずかながら作刀が現存している。…

※「雲類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報