電力妨害(読み)でんりょくぼうがい

世界大百科事典内の電力妨害の言及

【電子戦】より

…その第1は,圧倒的に強力な妨害雑音を放射して敵の通信電子装置のアンテナから受信回路に混入させ,必要とする情報信号を雑音の中に埋め尽くす方法である。これは〈電力妨害power jamming〉と呼ばれ,捜索レーダーとか通信システムに対して多用されている。これを受けるとレーダー表示器であればその全面が白く輝き何も見えなくなる。…

※「電力妨害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android