電量滴定法(読み)でんりょうてきていほう

世界大百科事典内の電量滴定法の言及

【電解分析】より

…電解の方法により,定電位電量分析法と定電流電量分析法とに分けられる。後者は電量滴定法とも呼ばれ,容量分析における滴定試薬をビュレットから滴下させる代りに,滴定槽中に入れた電極間で定電流電解を行って,反応試薬を電解発生させながら滴定反応を進行させる方法である。このとき反応の終点を適当な方法で検知して,当量点までに要した時間を計ると,反応に消費した電気量は定電流の値と電解時間の積から簡単に算出できる。…

【電気滴定】より

…この方法の特色は,電極がセルの外部にあって被滴定液と直接に接触しないで分析できることである。
[電量滴定法coulometric titration]
 ビュレットから標準溶液を滴下して実際に滴定するのではなく,定電流電解によって反応試薬を電解発生させながら滴定反応を行わせる方法。滴定電解分析【岡崎 敏】。…

※「電量滴定法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android