コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電鋳版 デンチュウバン

デジタル大辞泉の解説

でんちゅう‐ばん〔デンチウ‐〕【電鋳版】

電気版

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんちゅうばん【電鋳版】

電気鋳造の方法で作った印刷用の複製版。原版の忠実な複製版が得られるので、紙幣・切手・有価証券などの印刷に用いる。エレクトロタイプ。電気版。電胎版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の電鋳版の言及

【製版】より

…また,活字の原版から紙型をとり,これに鉛合金を流し込んで作る鉛版も機械的製版であり,原版からプラスチック型をとり,さらにこの型からプラスチック版やゴム版を作るのも機械的方法である。日本ではあまり行われないが,原版から電型(鉛,蠟,プラスチックなどで原版から型取りした凹凸反対になっている型)をとり,電気分解を利用して電型の上に金属を電着させて作る電鋳版(電気版,電胎版ともいう)も機械的な製版方法といえる。
[写真的方法による製版]
 いわゆる写真製版photomechanical processと呼ばれているもので,活版とその複製版を除いてほとんどがこの方法によっている。…

※「電鋳版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電鋳版の関連キーワードエレクトロタイプホットスタンプ活版印刷有価証券電気鋳造凸版印刷電胎版紙幣印刷原版切手

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android