コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静的IPマスカレード せいてきあいぴーますかれーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

静的IPマスカレード

アドレス変換を利用している環境で、インターネットサーバーを公開するためのブロードバンドルーターの機能。静的IPマスカレードを利用すると、特定のポート番号に送られてきたパケットを、指定されたLAN内のマシンに転送できる。たとえば、LAN内で「192.168.1.100」というプライベートアドレスを割り当てたマシンをWebサーバーとして公開する場合、静的IPマスカレードで「80番ポート宛のパケットは192.168.1.100に転送する」というように設定する。これで、ルーターのグローバルアドレスの80番ポート宛のパケットは、すべてWebサーバーに転送される。静的IPマスカレードは、LAN内のサーバーをインターネットに公開する目的のほか、複数のコネクションを利用するオンラインゲームなどを利用するときにも使われる。また、ベンダーによっては同機能を「バーチャルサーバー」や「ポートフォワーディング」といった名称で呼ぶ場合もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報