静的IPマスカレード(読み)せいてきあいぴーますかれーど

ASCII.jpデジタル用語辞典「静的IPマスカレード」の解説

静的IPマスカレード

アドレス変換を利用している環境で、インターネットにサーバーを公開するためのブロードバンドルーターの機能。静的IPマスカレードを利用すると、特定のポート番号に送られてきたパケットを、指定されたLAN内のマシンに転送できる。たとえば、LAN内で「192.168.1.100」というプライベートアドレスを割り当てたマシンをWebサーバーとして公開する場合、静的IPマスカレードで「80番ポート宛のパケットは192.168.1.100に転送する」というように設定する。これで、ルーターのグローバルアドレスの80番ポート宛のパケットは、すべてWebサーバーに転送される。静的IPマスカレードは、LAN内のサーバーをインターネットに公開する目的のほか、複数のコネクションを利用するオンラインゲームなどを利用するときにも使われる。また、ベンダーによっては同機能を「バーチャルサーバー」や「ポートフォワーディング」といった名称で呼ぶ場合もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「静的IPマスカレード」の解説

せいてきアイピー‐マスカレード【静的IPマスカレード】

ポートフォワーディング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android