コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静的IPマスカレード せいてきあいぴーますかれーど

1件 の用語解説(静的IPマスカレードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

静的IPマスカレード

アドレス変換を利用している環境で、インターネットサーバーを公開するためのブロードバンドルーターの機能。静的IPマスカレードを利用すると、特定のポート番号に送られてきたパケットを、指定されたLAN内のマシンに転送できる。たとえば、LAN内で「192.168.1.100」というプライベートアドレスを割り当てたマシンをWebサーバーとして公開する場合、静的IPマスカレードで「80番ポート宛のパケットは192.168.1.100に転送する」というように設定する。これで、ルーターのグローバルアドレスの80番ポート宛のパケットは、すべてWebサーバーに転送される。静的IPマスカレードは、LAN内のサーバーをインターネットに公開する目的のほか、複数のコネクションを利用するオンラインゲームなどを利用するときにも使われる。また、ベンダーによっては同機能を「バーチャルサーバー」や「ポートフォワーディング」といった名称で呼ぶ場合もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静的IPマスカレードの関連キーワードアドレス空間アドレスレジスターグローバルアドレスNATプライベートアドレスポインターループバックアドレス架空電子メールアドレスフリーアドレス制ローカルアドレス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone