非同期症候群(読み)ひどうきしょうこうぐん

大辞林 第三版の解説

ひどうきしょうこうぐん【非同期症候群】

体内時計による身体の概日がいじつリズムと外界の自然現象や環境のリズムがずれることに起因する、不眠・頭痛・胃腸障害など。時差ぼけに代表される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の非同期症候群の言及

【時差ぼけ】より

…時差のある旅行先の生活時間と本来の生体リズムとのあいだにずれ(非同期)が生ずることによる。時差症候群jet lag syndromeあるいは非同期症候群desynchronosis syndromeともいう。その症状のおもなものは,(1)疲労,集中力・判断力の低下,(2)睡眠障害,(3)胃腸障害,(4)頭痛,不安などである。…

※「非同期症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android