非熱的放射(読み)ひねつてきほうしゃ

世界大百科事典内の非熱的放射の言及

【太陽電波】より

…高エネルギー電子が黒点上層の磁力線のまわりを旋回するときにだすシンクロトロン放射は,センチメートル波帯バーストの有力な放射機構と考えられており,またコロナの中で高速電子流が作るプラズマ振動は,メートル波帯で観測される種々の型のバーストの放射機構と考えられている。このように一部のエネルギーの高い電子によって放射される電波を非熱的放射と呼んでいる。 太陽電波の性質を詳しく調べることによって,フレアでエネルギーの高い粒子が作られる過程,爆発で生ずる大振幅の衝撃波が秒速約1000kmで惑星間空間を伝播(でんぱ)する過程およびプラズマの塊がフレア領域から噴出される過程など,光の観測からはわかりにくいダイナミックな現象を調べることができる。…

※「非熱的放射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android