コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靡き ナビキ

デジタル大辞泉の解説

なびき【×靡き】

なびくこと。なびくぐあい。
指物(さしもの)の一。さおの先端を細く作って風にしなうようにしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なびき【靡き】

なびくこと。 「ささげたる旗の-は/万葉集 199
指物さしものの一。先細りのよく撓しなう棹さおに縦長の旗を付けたもの。 → しな
富士谷成章の用語。動詞の活用語尾ル・レ、シク活用形容詞の活用語尾キをいう。「越ゆる」「越ゆれ」のル・レ、「恋しき」のキなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone