コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靴職人 くつしょくにん

世界大百科事典内の靴職人の言及

【靴】より

…ゲルマン民族の移動以後,騎士が長靴を履くようになると,長靴は貴族の徴しとなった(ペローの童話《長靴を履いたねこ》など)。6世紀に北フランスを宣教した聖クリスピヌスと聖クリスピニアヌスは靴屋をして生計を立てたといわれ,ながく靴職人の守護聖人であった。靴はまた,足とともに性の象徴ともなる(フェティシズム)。…

※「靴職人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

靴職人の関連キーワードフィリップ(Charlesニュルンベルクのマイスタージンガーブール(George Boole)クリスピヌスとクリスピニアヌスワシリー・I. レーベデフディエゴ デッラ・ヴァッレアンデルセン少年時代の家ドイツの整形外科靴技術靴職人と魔法のミシンシギショアラ歴史地区ディータ カプチャーニコラ ルイゾッティデビッド・ビントレーアナセン・ネクセーさまよえるユダヤ人アナセン・ネクセーロンドン通信協会マストロナルディジミー チュービトキェビッチ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

靴職人の関連情報