コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍馬騒動 くらまそうどう

世界大百科事典内の鞍馬騒動の言及

【鞍馬】より

… 鞍馬村は半僧半俗的な要素があり,村人は大惣仲間・宿直仲間など七つの仲間組織を構成し,鞍馬山の竹伐り会(蓮華会)などの行事を執行した(大惣仲間文書)。1806年(文化3)に発生した鞍馬寺火災ののち,再建費用が寺領内農民への重税賦課によってまかなわれるといった事件に端を発して,68年(明治1)には鞍馬寺別当と法師仲間との間に鞍馬騒動が起こっている。1929年鞍馬電鉄(現,京福電鉄鞍馬線)が通じた。…

※「鞍馬騒動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android