音響量子(読み)おんきょうりょうし

  • おんきょうりょうし〔オンキヤウリヤウシ〕

世界大百科事典内の音響量子の言及

【フォノン】より

…音子,音響量子ともいう。固体中では,多数の原子が相互作用の結果安定な配置をつくるが,各原子はいちばんエネルギーの低い位置に固定されるのではなく,その位置のまわりで微小な振動(格子振動)を行う。…

※「音響量子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる