コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須藤由蔵 すどう よしぞう

世界大百科事典内の須藤由蔵の言及

【藤岡屋日記】より

…幕末の江戸を中心とした諸記録を集めたもの。著者の藤岡屋由蔵は姓を須藤と称し,神田の古本商。原本は焼失したが,東京都公文書館に写本152冊が現存。内容は文化年間(1804‐18)から幕末にいたる記録の集成で,幕府の諸記録をはじめ,市中の災害や興行・評判などを記している。また落首や落書が多いのも,当時の世相を知るうえで便利である。天保改革の部分は《日本都市生活史料集成》に収録。【吉原 健一郎】…

※「須藤由蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

須藤由蔵の関連キーワード藤岡屋由蔵ふじおか

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android