コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預託法 よたくほう

大辞林 第三版の解説

よたくほう【預託法】

正称、特定商品等の預託等取引契約に関する法律。現物を渡さずに、預かり証だけを顧客に渡す商行為(現物まがい商法)を取り締まる法律。1986年(昭和61)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

預託法の関連キーワード安愚楽牧場の和牛商法事件預託等取引契約現物紛い商法商行為法律預託

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

預託法の関連情報