頭人児(読み)とうにんご

世界大百科事典内の頭人児の言及

【肩車】より

…和歌山県芳養(はや)の祭りでは,ビンジョロウとよばれる神聖な童児の役の男児が肩車に乗って出る。兵庫県曾根の祭りのときのカゲシ(勘解由使か)の役の男児も同じで,総じて近畿各地の祭礼において重要な役である〈頭人児(とうにんご)〉の登場には,よくこの方式が守られているようである。【萩原 竜夫】。…

※「頭人児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android