コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えい

世界大百科事典内のの言及

【イネ(稲)】より

…コムギ,トウモロコシとならんで世界の三大穀物の一つに数えられるイネ科の一年草で,その穀粒である米は,世界人口の半数におよぶ人間の主食をまかなっている。日本では古来,農業の中心に位置づけられてきた重要な作物である。
【起源と伝播】
 世界の熱帯から暖温帯にかけての湿地には,二十数種におよぶ野生稲(イネ属植物)が自生している。イネ属の分類に関しては古くから諸説が提出されているが,染色体数やゲノム分析により,Oryzae節,Ridleyanae節,Granulatae節およびSchlechterianae節の4節に分ける見方が有力である。…

※「頴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頴の関連キーワード鹿児島県南九州市頴娃町郡兵庫県西宮市上甲東園大野伝兵衛(8代)頴娃のさつまいもエンバク(燕麦)三田 平八郎天津の南京路南九州[市]仁阿弥道八右田 年英田原 武雄田山 花袋4月28日頴川美術館許由と巣父乙竹 岩造太田 玉茗久米幹文教育特区指宿道路

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頴の関連情報